大人ニキビと私の生活

10代の頃、ニキビに悩まされていました。思春期にはよくあることですがはな周りを中心にいつも赤みがあるような少女時代を過ごしていました。時にはおでこにすごく大きなニキビができて病院に行ったこともありました。

http://www.fobcoop.jp/

20代に差し掛かって、ニキビが減るとおもいきや今度は頬にできるようになりました。頬のニキビは跡になりやすく直すのも難しくて悩みは深刻になる一方でした。そんな時にまた病院に通いはじめ、クリームや漢方薬を処方されました。

しかし、どれもマイルドなものばかりで特に効果は出なかったため薬の服用をはじめました。薬の効果は強くニキビはすぐに治りました。しかし問題は当時未認可の薬だったため1ヶ月分の服用で1万5000円ほどかかり、継続して飲むのは難しいことに気がつきました。

今は食生活の改善でだいぶ落ち着くようになりました。肉と卵を食べるのをやめ、豆や野菜と穀物を中心としたベジタリアンの食生活をはじめてから肌が荒れることもニキビができることもだいぶ少なくなったように感じます。動物性の皮脂を食事から一切摂取しないので、単に肌に良いだけではなく頭痛や肩こりの改善など体調全般もよくなったように感じることが多いです。

ザラザラ毛穴がさらさらに?!

アラサーに突入しはや◯年…

昔は気にならなかった毛穴のザラザラが気になってきました!http://www.rioufreyt.com/

高いエステに通ってみたり、パックをやってみたりしてみたものの効果が現れずじまいでした。。

模索しているうちに…!!ついに効果覿面の美容洗顔テクを発見してしまいました(*_*)☆

まず洗顔の際に使うのが、ごく普通のフェイスタオル!フェイスタオルをお湯で濡らし、洗顔石鹸を泡立てます。泡立ったらフェイスタオルで顔をなでるように優しく洗います。そして流すだけ!(ここでなでるようにというのがポイント!ざらつきが気になるからといってゴシゴシするのは肌が傷つくのでNG)

流し終えたら顔を清潔な乾いたタオルで拭き、仕上げにビタミンのエッセンス(薬局や某100均さんでも購入可能)を塗ってあげればなお良し◎

そのあとの保湿はいつものようにして大丈夫ですよ(^^)

この方法で毛穴も大分小さくなったように思います!

肌が弱い方などは週に1回くらいからがオススメ。

エッセンス後にも化粧水や乳液でたっぷり保湿してあげてくださいね♪

以上が私が発見した洗顔方のご紹介でした!オリジナルな方法なので他では聞いたことも見たこともありませんが、簡単かつ誰でもおうちにあるものでできちゃうので、騙されたと思ってやってほしいです☆

生きるということは……

食べなくても生きていけるものほど食べちゃう不思議

こんにちは

左手はチョコレートと同化しました

これは取れないな (もぐもぐ)

最安値で購入可能な通販サイトは?リゲイントリプルフォースの効果や口コミなどを完全暴露!

人生で一番痩せたのは、初めて就職したときだったような

一駅のために乗り換えするのが面倒だったので毎日往復3キロほどを歩き、お弁当を用意するのが面倒だったのでコンビニおにぎりとお茶で過ごした最初の年は、夏までに8キロ痩せました

調子に乗ってビキニを買った20代の夏……

次の年に職場が変わり、あっという間にもとに戻りました

次に痩せたのは子どもを産んだとき

産んだというか、正確には産んだ直後の授乳が原因だと思うのですが、みるみる落ちた体重は最終的には妊娠前から-2キロに

その後、卒乳の機会を逃して授乳はいまだに続いていますが、やはり体重はいつの間にかもとに戻っていました

絶対痩せよ! と思ってダイエットに挑むよりも、なにかのついでのほうが痩せるというのことなのでしょうか

筋トレも炭水化物抜きもレコ―ディンクもいろいろ試したけれど、結局なにもしていないときのほうが痩せる気がするのはそういうこと?

でも結局元に戻ってしまうということは、結果的には痩せなかったと言うべきなのか……

ということは、ダイエットには終わりはなくて、人は永遠に痩せ (太ろうとする力に抗い) 続けなくてはならないのか!

つまり、生きていること自体がダイエットである、のか?

とりあえず今日は、コーラでも飲みながら休もうかな

乾燥を放置すると毛穴が開く

若いときは毛穴が開くのは、おでこや鼻といった比較的脂が溜まりやすい個所であり、肌に汚れや皮脂が溜まったことによる開きでした。そういった毛穴の開きは、例えば洗顔の時にスクラブが入った洗顔料にすることや、毛先が極細の洗顔ブラシで、クルクルと肌をマッサージすることで徐々に小さくなっていったように思います。

しかし、年齢を重ねるにつれて、汚れではなく「肌が乾燥する」ことによって毛穴が開くようになってきました。http://www.reteenafest.com/

それが実感できるのは、夏から秋冬といった乾燥する季節になったときに、頬や小鼻の横といった皮膚が柔らかいところに、縦長の毛穴の開きが沢山出現するようになることです。最初は若い頃のように「汚れや皮脂の詰まりによる毛穴の開きかしら」と思い、洗浄力が強い洗顔料に変えたり、洗顔ブラシで顔をマッサージしていましたが、そのようにすればするほど毛穴の開きがひどくなっていきました。

そこで「縦長の毛穴の開き」について調べてみると、乾燥による「たるみ毛穴」と呼ばれる毛穴の開きとのことです。一度開いてしまった毛穴はなかなか元には戻りませんが、しっかりと保湿用の化粧水を入れ、乳液で蓋をすることによって少しずつましになってきたように思います。

ほうれい線が薄くなる、肌のケアや保湿をしっかり意識した日常生活

しみ、くすみ、しわ、たるみなど、肌の悩みはたくさんありますが、できると10歳も老けて見えてしまうほうれい線は、切実な悩みです。

http://www.familyfootandlegcenter.com/

加齢によってコラーゲンが減少し、弾力を失った肌がたるむと、頬の位置が下がり口元にほうれい線ができてしまいます。 

ほうれい線ができる原因を取り除き、薄くするにはいくつかのケアが必要です。

肉や魚の動物性たんぱく質に多く含まれている必須アミノ酸とビタミンCをバランスよく摂ると、再生が促進されるコラーゲンが増え、ハリのある肌になります。 また、ビタミンCには老化の原因である活性酸素を除去する抗菌作用と、新陳代謝を促進する作用があり、肌のトラブルが改善されます。

ヒアルロン酸が減少し、乾燥しカサカサした肌に水分を補うと、しわやほうれい線が減少するように、ほうれい線を薄くするポイントは保湿することです。

ほうれい線を薄くするために必要なケアのほか、メイクブラシの柄を使う方法もあります。

周辺に皮膚と筋肉と骨を繋いでいる柱がある頬骨を、1分間メイクブラシの柄で押してほぐすマッサージをすると、たるんでいた頬が持ち上がり、ほうれい線が薄くなります。 1日1分を目安とし、しわやあざの原因となる可能性があるため、やり過ぎは禁物です。

肌にハリと弾力があれば、ほうれい線は薄くなります。 ほうれい線が薄くなる肌のケアや保湿をしっかり意識した日常生活を送りましょう。

恋とどこでもドローイン

私のダイエットは小学4年生から始まった。小学生の頃は家の中を30分走ってみたり、豆乳やお酢を飲んだりしてみたがどれも続かなかった。http://hellolichipan.com/

中学になり部活で痩せたものの高校に入るとまた太ってしまった。運動量が減ったのに食欲はそのままだったのだ。しかもバイトをして稼いだお金で大量のお菓子も購入していた。高校の間は雑誌を参考に家で出来るヨガやら筋トレやらしてみたものの私の性格ではやはり続かない。社会人になっても同じようなことを繰り返していたがある出会いがきっかけとなる。

それは会社の同期の年上の男性との出会いである。私はその男性が気になっていたが私とは違いとても痩せていた。

その同期の男性と何度か2人で会っていたある日、その男性が最近自分が太ったと言い出したのだ。とてもびっくりした私だったが私も太ったという話をしていると、どっちが早く痩せれるか勝負だ。痩せたらご褒美何か考えといてということになった。その話をしたのは9月だったが年末までに7kg痩せるというものだった。私は次の日から何がいいのか必死で調べた。

ようやくダイエットのスイッチが入ったのだ。調べているうちにドローインというのが気になった。

たったそれだけで?とは思ったが試してみることにした。とにかく気づいた時、仕事中もずっとドローインをしていた。またもうひとつ。仕事中は制服を着ていたのだがそのスカートをベルトでとめていた。ずっとドローインをしていたある日ベルトの穴がひとつ緩くなったことに気づいた。とても嬉しかったのを覚えている。それがとても励みになり、毎日ドローインを日課にした。そうすると、またひとつまたひとつとベルトの穴が緩くなっていたのだ。

気づいた時には13号だった制服が緩くなり7号が入るようになっていた。気づけば季節も冬になり年末になっていた。気になっていた男性話とまた食事に行くことになった。

すごく痩せたね。と言ってもらえた。ただただ一緒に食事に行くことが嬉しくてご褒美は特に考えていなかったが今度またご飯に連れて行ってもらえることになった。その男性とは残念ながら恋仲になることはなかったがとてもいい思い出と私の人生での一番のダイエットになった。現在、別の男性と結婚して出産を経験し、またダイエットに励んでいる。

皺も色むらもない肌に憧れる

きっと肌に悩みのある人なら共感してもらえると思うのですが、肌のきれいな人にとにかく憧れます!

それだけで美人に見えて、健康に見えて、きっとメイクもおしゃれも楽しいんだろな…と。

http://www.alameda-home-tour.org/

私もそんな肌になりたい!と何度もコスメカウンターに足を運びました。

私の肌はニキビもできにくく、とても白く、むしろ褒めてもらえることの方が多い肌質です。

それなのに、なぜあの肌になれないのだろう…。

人気のある商品をタッチアップしてもらっても何かが違う。

人にいいと聞いたファンデーションや基礎化粧品をとにかく試しました。

もう諦めかけていたその頃、ある美容部員さんに言われてやっと答えに辿り着きました。

なんと!

私の肌は憧れるあの肌と比べて薄かったのです。

薄い肌は、ファンデーションがとどまりにくく、私の目指す均一で色むらのない肌になりずらかったのです。

そして年を取るにつれ、細かい皺ができやすくその皺にファンデーションが入り込むともう大変!!

メイク仕立てはきれいでも、一度笑うと細かい皺だらけの顔になり、実際の年よりも老けて見えます。

そして、極めつけは日焼け。

もともと白い肌なので赤くなりやすく、人よりカバー力がないのでシミができやすいのです。

寒暖差にも反応しやすく、最近流行りの薄づきファンデを塗ろうもんなら顔の赤さが目立って心配されます。

肌が薄いとそれだけ敏感なので、もちろんこすったりピーリングも厳禁!!

でも、あの憧れの肌を手に入れるために少しでも肌を厚くする努力をしようと思います!

もし肌を厚くする方法を知っている人がいたら、ぜひ教えてください!

なんと半年で25㎏の減量に成功!

一度ダイエットに成功してそれから十年近く油断しすぎて気が付くとリバウンド10㎏もしていました・

体調が悪いのも太りすぎのせいとお医者さんにも言われてこともあってン十年ぶりのダイエットに再チャレンジすることにしました。

以前は単純にカロリー制限ダイエットをしていて、とにかくカロリーの少ないこんにゃく・海藻メインの食事をしました。

今回はそれだけではストレスが溜まって精神的によくないという過去の反省をふまえ、ネットで見つけた「糖質制限ダイエット」に取り組むことにしました。

まずは主食抜きということでご飯・パンは一切やめておかず(肉・魚・豆腐・野菜メイン)のみの食事に切り替えました。

糖質制限ダイエットは主食さえ抜けば肉はたくさん食べても大丈夫…というのですが、やはりどうしてもカロリーも気になってしまい、糖質制限+カロリー制限ダイエットで進めることにしました。

一日の目安としては、糖質量は100g以内、カロリーは1200kcal以内にしてスタートしました。すると半年で25㎏のダイエットに成功しました!

特に最初の2か月で一気に10㎏近くもダイエットすることができたのです。

食事の前に「難消化性デキストリン」というのを(ネットで買いました)飲んでから食べることを忘れすに行いました。これもよかったのかもしれません。

今は、たまにパンを食べたり、糖質オフのお菓子を食べたりと、余裕を持ちながら体重をキープしています。

もうリバウンドしないようにこれからもこの食事を続けていきたいと思います。

決めたことをやり続けるダイエット

人間誰でもそうですが、出来ることはしますが、出来ないことはしません。むしろ出来ません。

でも、すると決めたことはどうでしょうか。自分で決めたんだから、出来る出来ないではなく、するかしないかだけの問題になります。

ダイエットをする。非常に抽象的なので、何をどのようにするか決めましょう。

私が実際に行い半年で12キロ減らした項目の一部は以下の通りです。

・1日3食は、きっちり食べる。

→朝食は?私の場合、食パン(ライ麦入り)を焼き、ケチャップを軽くかけ目玉焼きを乗せて食べています。

→昼食は?会社の同僚と一緒にため、食事制限は難しい状況なので普通盛りを食べます。大盛りは食べません。

→晩御飯は?徹底して米を食べないようにしました。1つの糖質制限です。その代わり野菜を主食におかずは普通に食べました。肉や魚も普通に食べます。

・朝晩の筋トレは約40分づつ行う。朝は起床からのルーティーンを時間で決めており、6時起床。6時半~7時10分までトレーニング。晩御飯後、1時間でタイマーセット。タイマーが鳴れば開始する。トレーニングは何を行うかメニューを決めておく。決めた通り行う。逆に決めたことしかしない。

・筋トレ後のプロテインは飲むようにする。

・毎日同じタイミング(朝トレ後など)で体重計に乗り、毎日記録をスマホに取り見返せるようにする。

他にも色々成功体験から皆さんに伝えたいことはありますが、とりあえず上記項目を行えば必ず痩せると思います。

時間がもしあるのなら【ファスティング】してみた!

【ファスティング】と聞いてあまりピンと来ない方もいらっしゃるではないでしょうか。

ファスティングとはずばり断食のことです。

1日~3日のプチ断食から7日前後の本格的なものまで、一度だけの体験ですが

私の体験をお話ししたいと思います。

私は40代の普通のサラリーマン。この一年でコロナがあり、働き方改革でテレワークや出社しないリモートワークを推進した結果、

先日の健康診断で見事な増量でボクシングの階級でいううと(わかりづらいですか?笑)

スーパーミドル級まで見事にウェートアップに成功!!

お医者様の問診でも1年でウェルター級からのスーパーミドル級絵の階級アップにかなり警鐘を鳴らされてしまいました。

さすがに危機感を覚えた私は、この旺盛な食欲を抑えるためにプチ断食から初めて見ました。

まずは軽く1日からとかなりゆるーく初めてみたものの、水分は大目にとり、(気が付いたらお水やお茶でのどを潤してました)

順調に1日目達成!!体重は約1キロ程度減ったくらい?

調子に乗った3日で約5キロの減量に成功しました。

数日でも胃腸を殻にすることで、デトックス効果やお肌の調子も変わってきましたし、何より

リバウンドしないよう今も気を付けています。

学生時代のベスト階級はスーパーフェザー級からライト級が一番だったので今はスーパーライト級を目指して無理なくダイエットしていきたいです。

便通をよくして体重も落とした

ダイエットにおいて便秘は敵ですよね。ダイエットがうまくいってきたのに下腹部がぽっこり。便秘が原因の肌荒れなんかもあります。

私も幼い頃からかなりの便秘症でした。あるきっかけがあって以前よりは良くなりましたが、いまだに月に一度は苦しんでいます。

さて、そのきっかけですが、「青汁」を飲みはじめました。私のお腹は便秘にいいものを摂取してもすぐ慣れてしまい、効果がなくなってしまうんですけど、青汁は効果が続いています。体に合っていたということですかね…。

青汁を飲みはじめたことで便秘の辛さが改善されました。すると、それをきっかけにするすると体重が落ちるようになり、2?3kgほどおちました。人は体重が3kg落ちると少しですが結果が目視できます。それがモチベーションとなって運動や食事制限に取り組めたと思っています。

しかし、以前よりは改善されたと言っても、完全に快調とはいかないです。その時は「もち麦」を食べます。一時期置き換えダイエットとしても話題になりましたよね。私は置き換えにするとかなりお金がかかってしまうので、すこしお米に混ぜて食べるようにします。正直ダイエット効果にはあまり期待できませんが、便秘解消には一役買ってくれます。

健康、そしてダイエットの敵である便秘。わたしは「青汁」と「もち麦」で対処しています!