足の臭いがきつくなった時の体験談

30歳をすぎてから一時期悩んだ事には、足の臭いがあります。

30歳までは、足の臭いなんてそれほど気にならなかったし、別に臭いなんて思った事もなかったです。

しかし、30歳を過ぎてからは帰宅すると、足の裏からかなり臭い臭いが漂ってきた事があります。座った時に、足の裏からかなりの異臭がしたのですぐに気付きましたが、今までこんな事がなかったのでかなり不安になったのを覚えています。

とりあえず、足の裏をボディ―ソープを使用して洗いました。そうすると臭い臭いがなくなりましたが、次の日に外出から帰宅するとまた足の裏が臭かったです。

プルーストクリームの効果を辛口評価!

さすがに、このままだと友達の家に遊びに行った時に指摘される可能性があるので、原因を突き止めました。

そこで分かったのが、靴の中が臭かったということです。実は、30歳を過ぎてからは同じ靴ばかり履くようになりほとんど靴を洗わなかったのでそのせいでかなり靴の中が臭くなっていることに気づきました。そこで、靴を少し強めの洗剤で綺麗にするようになりその結果かなり足の裏の臭いがましになりましたね。また、同じ靴を履かないようになるべく注意するようになりました。今では、そこまで悩むことがないのでほっとしています。