柿の栄養と効果効能

β-カロテン

柿には100gあたり、420μgのβ-カロテンが含まれています。

私たちの体の細胞は年齢を重ねていることや紫外線、ストレスにより酸化されます。これにより体内に活性酸素が増えます。体内で増えた活性酸素から体を守ることを抗酸化作用。β-カロテンは、細胞が酸化するのを防いでくれる働きがあります。

また、β-カロテンは体のなかで必要な分だけをビタミンAに変換するため、皮膚や粘膜の生成をサポートする役割があります。

食物繊維

柿には100gあたり、1.6gの食物繊維が含まれており、その多くは不溶性。

不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増す働きがあるため、腸の壁が刺激されスムーズな排便を促すことができ、便秘対策に役立ちます。また、水溶性・不溶性どちらの食物繊維も、善玉菌のエサとなるため腸内環境を整える働きになります。

マンガン

柿には100gあたり0.5mgのマンガンが含まれている。

マンガンには、糖質や脂質の代謝に働きかける酵素を活性化させる役割があります。酵素をしっかりと働かせることにより、効率よく糖質・脂質をエネルギーとして利用できるため、ダイエットにも効果的です。

http://gera.main.jp/

ビタミンC

柿には100gあたり、70mgのビタミンCを含みます。

老化の原因のひとつが体内に存在している「活性酸素」です。その活性酸素が細胞を傷つけたり、LDLコレステロールが酸化されたりすることが原因で、血管の老化を促してしまう。柿に含まれるビタミンCには強い抗酸化作用があるため、活性酸素を抑制することで老化防止や対策になります。

カリウム

柿は100gあたり、170mgのカリウムを含んでいます。

カリウムは、体内の余分な塩分(ナトリウム)を体の外に排出する働きがあり、塩分の摂りすぎによるむくみを抑制。また、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を調節・維持する働きがあります。長時間座りっぱなしによるむくみの対策にも欠かせません。

タンニン

タンニンは柿の渋味成分であり、ポリフェノールの一種になります。ポリフェノールには抗酸化作用があり、シワの原因になる活性酸素を除去してくれる働き、そしてメラニンの生成を抑えることからきれいな肌作りをサポートしてくれます。

干し柿にすると、柿に含まれているビタミンAやカリウム、食物繊維が3~4倍に凝縮されるので、そのまま食べるよりも、さらに栄養価がUPになります。

美味しい柿の美肌効果があることを知ることで一段と美味しく頂けるのではないでしょうか。

他にも数ある秋の旬の食材の栄養素を知ることで、美味しく効率よく、栄養素を摂取すると老化防止になり、いつまでも美しいハリのある肌が手に入りやすいでしょう。