しみ、くすみ、しわ、たるみなど、肌の悩みはたくさんありますが、できると10歳も老けて見えてしまうほうれい線は、切実な悩みです。

http://www.familyfootandlegcenter.com/

加齢によってコラーゲンが減少し、弾力を失った肌がたるむと、頬の位置が下がり口元にほうれい線ができてしまいます。 

ほうれい線ができる原因を取り除き、薄くするにはいくつかのケアが必要です。

肉や魚の動物性たんぱく質に多く含まれている必須アミノ酸とビタミンCをバランスよく摂ると、再生が促進されるコラーゲンが増え、ハリのある肌になります。 また、ビタミンCには老化の原因である活性酸素を除去する抗菌作用と、新陳代謝を促進する作用があり、肌のトラブルが改善されます。

ヒアルロン酸が減少し、乾燥しカサカサした肌に水分を補うと、しわやほうれい線が減少するように、ほうれい線を薄くするポイントは保湿することです。

ほうれい線を薄くするために必要なケアのほか、メイクブラシの柄を使う方法もあります。

周辺に皮膚と筋肉と骨を繋いでいる柱がある頬骨を、1分間メイクブラシの柄で押してほぐすマッサージをすると、たるんでいた頬が持ち上がり、ほうれい線が薄くなります。 1日1分を目安とし、しわやあざの原因となる可能性があるため、やり過ぎは禁物です。

肌にハリと弾力があれば、ほうれい線は薄くなります。 ほうれい線が薄くなる肌のケアや保湿をしっかり意識した日常生活を送りましょう。