冬の乾燥する肌のケア

若いときは何にもケアしなくても油が自然に出てきました。

モイスポイント

それから20年、この寒い冬に肌が年々耐えきれなくなってきています。ファンデーションのノリが悪く、粉が吹き始めた時はもう若くないと感じました。まず体温を上げることを始めました。寒さは美容の天敵です。会社に行くときも、腰周りや腹周りが冷えないように必ず暖かいスパッツガードルを履きます。

更に靴下は欠かせません。体温を上げればほんのり肌に艶が戻ってきます。また、こんな時でも欠かせないのは化粧水とクリームの保湿ケア。

これは全身に施します。

常に水分を与えて吸収する肌作りを心掛けます。砂漠と同じで、今までなんの水分も無い土地にいきなり水を与えても土は水を吸収しません。ただ洪水になるだけ。常に水分を与えて、しっとりとさせる肌作りが大事です。

ケアは今のところ至ってシンプルです。大量の化粧水と肌に負担の無い無添加のクリームです。スキンケアは質より量だと思います。

こまめな水分補給がとても大事だと思います。化粧水のあとはクリームもしくは馬油を用います。馬油は夜のみです。化粧水で潤った肌に油で蓋をしてあげると、朝までしっとりとした手触りになります。

そして朝は洗顔フォームを使わずぬるま湯で数回洗うのみです。自ら作った油がもったいないので顔に残しておきます。洗いすぎは乾燥のもとです。とにかく乾燥にはこまめな手入れを、欠かさないことですね。エイジレス目指して頑張りましょう。